厳選コンテンツ

長崎大学病院リハビリテーション科教室立ち上げに向けて
vol.4

リハビリテーション医学講座

長崎大学病院リハビリテーション部
准教授 高畠英昭

産業医科大学リハビリテーション医学講座

産業医科大学

 2014年4月からは、北九州にある産業医科大学リハビリテーション医学講座で、初めての単身赴任生活が始まりました。かなり久しぶりの大学病院勤務でした。そして、初めての大学教官としての勤務でした。着任するまでは、広くリハビリを習得するというより、嚥下障害の治療と臨床研究に専念する腹積もりでした。ところが、仕事を始めてすぐにあることに気づきました。それは、「長崎ではリハビリやってない?これは、かなりまずいんじゃないか?」ということでした。

 実のところ、長崎でもリハビリはもちろん行われています。それどころか、回復期リハビリテーションや地域リハ・地域包括ケアの領域においては、日本をリードするような先輩医師もいます。理学療法士・作業療法士の養成も大学が自前で行っており、理学療法・作業療法の大学院講座もあります。これは、国立大学としてはまだまだ稀少です。ただ、産業医科大学の「医学部の講座」の元に実践・指導されているリハビリは、私がそれまでイメージしていたものとは大きく異なるものでした。

 多くの国立大学病院では、一般的に、リハビリテーション科・リハビリテーション部は整形外科学教室の下に属しています。科長または部長は整形外科の教授が併任しています。リハビリテーション科医師もそもそもは整形外科の所属です。長崎大学も同様でした。学生に対するリハビリテーションの講義は整形外科の講義の1~2コマのみで、ポリクリやクリクラなどの病棟実習はありません。リハビリテーション科単独の初期研修も行われていません。リハビリテーション科専門医の指導施設も非常に限定されています。(ちなみに、私が過去に勤務した長崎大学病院・佐世保市総合医療センター・長崎医療センターは地域の中核病院ですが、そのどれもリハビリ専門医の認定研修施設ではありませんでしたし、リハビリ専門医もいませんでした。長崎県内では、他の中核病院でも研修施設として認定されているところは1つもありませんでした。)

 一方、産業医科大学では、教授・准教授・講師・助教という、いわゆる「講座」のスタッフが、整形外科の教室とは完全に独立し、筋骨格系の疾患だけでなく、脳卒中・小児疾患・神経疾患・四肢切断・呼吸器疾患・循環器疾患・がん・廃用症候群など様々な病気の治療の最初から、主科の治療と並行して関わっています。大学病院ですので、診療だけでなく、新しいリハビリテーションに関する研究を行うのは当然です。教育に関しても、学生は4年生前期に系統講義を受講し、5年生で2週間の臨床実習(ポリクリ)に回ります。6年生の希望者は3週間の診療参加型臨床実習(クリクラ)を受けることもできます。リハビリテーション科だけの卒業試験もあります。初期研修・後期研修も行っており、毎年2人前後の入局者があります。同講座出身のリハビリ専門医は近隣の急性期・回復期の病院に多数配置されており、うち数人は他大学で教授に就いています。このような状態が、産業医科大学開学当初の40年前から続いていました。

 まだ長崎で脳神経外科医をしていた頃、脳卒中や脳神経外科の学会で、嚥下障害や脳卒中地域連携パスの演題発表では、リハビリテーション科の先生方と同じセッションになることが度々ありました。ただ、演題を出されている大学や病院のリハビリテーション科は限られていました。その限られた(他科医師の私の目から見ると、積極的に学会活動もしている)大学のうちの1つが産業医科大学でした。一方、母校を含め、他の多くの大学のリハビリテーション科からの発表を目にすることはありませんでした。そのような観点からも、私は当時から産業医科大学のリハビリテーション医学講座には良い印象を持っていました。脳神経外科をやめてリハビリテーション科に転向しようと決断したのも、「産業医科大学からのお誘いだったから」ということは大きな要因の1つでした。ただ、「良い」と感じた理由に、そのような背景や歴史があったことは、産業医科大学に異動するまで気づきませんでした。リハビリはどこでも同等に行われていると勘違いしていました。

 最初は嚥下障害の専門家として新しい道を進むつもりでした。ところが、世間並みに医療が行われていると思っていた自分の周辺が、そうではないことに気づいてしまいました。「ここには40年の歴史を持つリハビリテーションの講座があって、多くのリハビリテーション科医が育っている。一方、自分の周りにはリハ医はいない。リハ医とセラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)が協力して行うリハビリテーションの体制はない。」単身赴任でしたので、いずれ長崎に帰るのだろうと、ぼんやりと思っていましたが、帰る前までに総合的なリハビリテーションの実力をつけなければという思いが強くなっていました。20代の頃に脳血管内治療や嚥下造影を学んだ頃と比べると、吸収力は格段に落ちていましたが、同時期に入局した後期研修の若い先生たちと一緒にリハビリテーション科専門医試験に向けて、リハビリのイロハから指導してもらうことになりました。

尾﨑君からの電話

 産業医科大学病院では、嚥下障害の講義やポリクリと嚥下障害専門外来の他に、リハビリテーション科入院患者の診療や院内紹介患者の診察など一般のリハビリテーション診療にも当たらせてもらいました。対象者の中には、ポリオ後症候群の診断・リハビリを受ける方、痙縮の治療が必要な方、装具の作成・調整をする方、義足を作成する方、脊髄損傷で褥瘡や自己導尿の管理が必要な方など、それまで見たこともない多種多様な疾患・病態の方が数多く含まれていました。

 リハビリテーションというと、骨折・人工骨頭置換術後などの運動器疾患や脳卒中・脳腫瘍・神経筋疾患をはじめとする脳神経系疾患を対象とするものというイメージが強いように思います。しかしながら、最近では、呼吸器・循環器・がんなどに対するリハビリテーションの需要が急速に高まっています。産業医科大学では、院内紹介されるリハビリテーション対象患者の3割が運動器疾患、3割が脳神経系疾患で、残りの4割は内部障害と言われる呼吸器・循環器・がんなどの患者でした。習得すべき知識や技術は幅広く、体力も吸収力も著しく低下したアラフィフには大変な作業であることはやる前から明らかでした。専門医試験の受験資格を得るまで3年、さらに専門医取得後数年で、ようやく一通りのことは分かるようになるだろう。そんな風に思いながら、北九州での単身赴任生活にも慣れてきた3年目の春に尾﨑君(Vol. 1参照)から卒業後初めて電話をもらいました。10代の頃に、同じ全学グランドでアメフト部とラグビー部で、隣で汗を流していた尾﨑君は母校の整形外科学教室の教授になっていました。

最終更新(2018/06/06)

<執筆者プロフィール>

高畠英昭(たかはたひであき)

長崎大学病院リハビリテーション部准教授

鹿児島県生まれ。脳神経外科学会専門医、脳卒中学会専門医、リハビリテーション医学会専門医・認定臨床医。1993年長崎大学医学部卒業。脳神経外科医・脳血管内治療医として長崎医療センター等に勤務後、2014年より産業医科大学リハビリテーション医学講座講師。2017年4月より現職。専門は嚥下障害のリハビリテーション、地域連携パス。趣味は楽器演奏・トライアスロン。

››› 長崎大学リハビリテーション部ホームページ

バックナンバー

››› 医師ペディア一覧に戻る