検索結果を表示

「麻酔科」の年収について

麻酔科の平均年収
1,406万円
(医師募集案件の平均年収
約1,454万円)
(医師の平均年収
約1,240万円)

※診療科の平均年収と募集案件の平均年収はMediGate1万件以上の医師募集案件から算出
※医師の平均年収は「厚生労働省 平成28年 賃金構造基本統計調査の統計データ」を参照

「麻酔科」の平均年収は、医師全体の募集案件の平均年収と比較して若干低い傾向にあります。これは女性医師の比率が高く(厚生労働省の2014年 医師・歯科医師・薬剤師調査によると女性医師の比率は、皮膚科の46%に続いて、麻酔科は2位の38%)、子育てなどによる時短勤務や当直なし、救急対応なし、外来中心(ペインクリニックなど)による勤務形態によって年収が低く抑えられているからだと考えられます。
「麻酔科」の求人募集は多く、他科と比較して個々の希望に適した求人を探しやすいと言えるでしょう。また、全国どの医療機関でも収入面において高待遇で迎え入れられる傾向があり、常勤なら募集年収は1,500万円~2,000万円と高い範囲で、特に医療資源の不足している地方などでは年収が2,000万円以上と高額になるケースもあります。

※この記事はMediGate編集部によって各診療科の特徴や年収の概要をまとめたものであり、実際の診療科での職務や年収は各医療機関によって異なります。記事内容については医師の方々が転職やキャリアを考える際の参考としてお考えください。

15 件中 1 - 15 件を表示

表示件数

大学医局 兵庫医科大学 集中治療医学科・ICU 更新日時:2018年07月11日

医療機関 パナソニック健康保険組合 松下記念病院 更新日時:2018年07月11日

医療機関 社会福祉法人 恩賜財団済生会 大阪府済生会泉尾病院 更新日時:2018年07月11日

医療機関 石巻市立病院 更新日時:2018年05月31日

医療機関 八王子脊椎外科クリニック 更新日時:2018年05月25日

医療機関 SUBARU健康保険組合 太田記念病院 更新日時:2018年04月24日

医療機関 市立貝塚病院 更新日時:2018年04月06日

医療機関 医療法人 豊隆会 ちくさ病院 更新日時:2018年04月02日

医療機関 香川県立中央病院 更新日時:2018年03月29日

医療機関 社会医療法人 近森会 近森病院 更新日時:2018年03月29日

医療機関 あいち小児保健医療総合センター 更新日時:2018年03月29日

医療機関 聖路加国際病院 更新日時:2018年03月29日

医療機関 山形県立新庄病院 更新日時:2018年03月28日

法人・グループ 徳島刑務所医務課診療所 更新日時:2018年03月27日

医療機関 地方独立行政法人 秋田県立病院機構 秋田県立脳血管研究センター 更新日時:2018年01月16日

13 「麻酔科」を知る

「麻酔科」では意識消失、呼吸を止める、筋肉の弛緩、反射の抑制、知覚・運動神経を麻痺させるなど生命を預かる医療行為をするため、麻酔科医には専門性の高い知識と技術の両者が不可欠です。また、麻酔により意識消失している間は命の番人として患者の生命や人権を守る義務があり、患者のすべてを代行する非常に責任ある診療科です。手術の他、近年は集中治療、救急など生死に関わるような場面や、緩和医療やペインクリニックといった患者のQOLに関わる領域まで専門知識や技術が求められるようになり、活躍の幅が広がっています。臨床の自由度が高く、心臓血管麻酔、小児麻酔、産科麻酔などより専門的な領域を極める麻酔科医もいます。
医師免許を持っていれば自由に専門とする科を標榜できますが、「麻酔科」を標榜するためには規定の研修を行い、厚生労働省が認可する麻酔科標榜医の資格を取得する必要があります。

麻酔科の高い専門スキルを必要とする医療が拡大

医療技術の発展に加え、高齢化が急速に進んでいる影響により、自家麻酔ではなく麻酔科医の高い専門的なスキルが必要とされる高度な術式が増加傾向にあり、麻酔科医のニーズは今後ますます高くなると考えられています。
「麻酔科」は救急医療や集中医療における診療、疼痛・緩和医療などでも麻酔の知識と技術を生かした重要な分野であり、また、全身管理や蘇生術にたけていることから、救急医療の現場や患者の急変時に応援を求められることも多いのが特徴です。さらに手術前の患者への説明や手術後の患者へのケア、担当医である外科などの医師をはじめ多くの診療科との連携は必須であり、現代医療において麻酔科医の果たす役割は幅広く、とても重要であると言えます。

求人ニーズが高く、活躍の場も拡大

これからの麻酔科医は、救急医療、集中治療室での手術、がん治療の緩和ケア、ペインクリニックなどの治療、さらに心臓血管麻酔、小児麻酔、産科麻酔など、活躍できるフィールドが広がると共に、より高度で専門的なスキルが求められるようになります。「麻酔科」の求人でも手術件数や専門スキルの詳細が求められる傾向になっています。
一方で、手術や集中治療室、救急医療、ペインリニック、緩和ケア、在宅医療などに活躍の場が広がったことで、需要と供給が伴っていないことによる「麻酔科」の医師不足が起きています。そのため、より高度な専門性を求められるようになりましたが、求人ニーズは非常に高く、麻酔科医が活躍できる場所は多くなっています。また、国家資格である麻酔科標榜医を持つ医師は、病院が「麻酔科」を標榜科目として掲げるために必要となるため、高額な年収で募集をしている医療機関もあります。

自由度が高く、働き方の選択肢が多い診療科

「麻酔科」は、関係する領域が非常に幅広い科目であり、それだけ働き方の選択肢も多く、自由度の高い科目と言えます。前述したように、活躍の場が広がったことによる各領域の麻酔科医不足によって「麻酔科」の求人ニーズは高く、多様な雇用形態の選択、勤務日数の選択など融通が利く場合も多いようです。
さらに、麻酔科医はニーズが高いため、フリーの麻酔科医として働く医師やペインクリニックを開業する医師も増えています。また、「麻酔科」は、地域や大学間の垣根が低い科目と言われており、都市部や地方に係らず日本全国どこでも高いニーズがあり、同じように勤務することができることもメリットです。

麻酔科専門医について

麻酔科専門医とは、日本麻酔科学会が行う筆記試験・口頭試問・実技審査に合格し、麻酔科関連の臨床、研究に関する十分な知識と技量を有することを認定された麻酔科関連業務に専従する医師を指します。
学会正会員で、麻酔科認定医資格取得後2年以上経過し、麻酔関連業務に専従していること、麻酔科認定病院で麻酔の臨床業務に1年以上従事し、所定の臨床業績、研究業績があること、これらすべての要件を満たす者が認定される資格です。

【受験資格】

  1. (1)申請する年の3月31日までに認定医の資格取得後満2年以上経過しており、申請する年の会費を完納していること。
  2. (2)麻酔科認定医資格取得後、申請までの間、麻酔科関連業務に継続して専従していること。
  3. (3)日本麻酔科学会の認定医資格取得から申請する年の3月31日までに、1年以上認定病院で手術室における麻酔管理業務に専従していること。
  4. (4)申請する年の5年前の4月1日から申請する年の3月31日までに、所定の研究実績(50単位)があること。
  5. (5)申請する年の5年前の4月1日から申請する年の3月31日までの間に、AHA-ACLS、またはAHA-PALSプロバイダーコースを受講し、実技試験申請時にプロバイダーカードの提出があること。

麻酔科専門医について、詳しくは日本麻酔科学会のホームページをご確認ください。http://www.anesth.or.jp/

※専門医資格については、各学会や日本専門医機構からの情報(2017年10月時点)を抜粋・参考にしていますが、内容を保証するものではありません。新専門医制度の発足によって、更新条件の変更なども発生しており、また、今後も研修内容、受験資格、更新条件の追加変更も予測されます。専門医については必ず各学会や日本専門医機構のホームページをご確認ください。

求人を探す