検索結果を表示

「リハビリテーション科」の年収について

リハビリテーション科の平均年収
1,432万円
(医師募集案件の平均年収
約1,454万円)
(医師の平均年収
約1,240万円)

※診療科の平均年収と募集案件の平均年収はMediGate1万件以上の医師募集案件から算出
※医師の平均年収は「厚生労働省 平成28年 賃金構造基本統計調査の統計データ」を参照

「リハビリテーション科」の医師の年収は、リハビリテーション専門病院、総合病院、療養型病院、そして地域や働き方によって異なり、リハビリ管理、病棟管理、担当患者数、外来の有無などによっても変化するため、募集年収は1,000万円~2,000万円と開きがあります。
「リハビリテーション科」の求人募集では、脳神経外科、整形外科、神経内科からの転科や、リハビリテーション科専門医の場合は即戦力となるため、年収も高くなる傾向があります。
大規模な病院では、リハビリテーション科専門医の資格取得を目的として募集をしていることもあり、この場合、年収は低く抑えられますが、専門医取得後は年収もアップします。「リハビリテーション科」はワークライフバランスに優れ、かつ比較的高い年収を得られる非常に魅力的な診療科であると言えます。

※この記事はMediGate編集部によって各診療科の特徴や年収の概要をまとめたものであり、実際の診療科での職務や年収は各医療機関によって異なります。記事内容については医師の方々が転職やキャリアを考える際の参考としてお考えください。

19 件中 1 - 19 件を表示

表示件数

医療機関 医療法人 敬仁会 八代敬仁病院 更新日時:2018年07月13日

医療機関 医療法人 果恵会 恵王病院 更新日時:2018年07月12日

医療機関 利根保健生活協同組合 利根中央病院 更新日時:2018年07月05日

医療機関 社会福祉法人恩賜財団済生会支部
神奈川県済生会 湘南平塚病院
更新日時:2018年06月29日

医療機関 社会医療法人 頌徳会 日野病院 更新日時:2018年06月13日

医療機関 医療法人社団 城東桐和会 東京さくら病院 更新日時:2018年05月31日

医療機関 石巻市立病院 更新日時:2018年05月31日

医療機関 公益財団法人 横浜勤労者福祉協会 汐田(ウシオダ)総合病院 更新日時:2018年05月30日

医療機関 医療法人社団千葉秀心会 東船橋病院 更新日時:2018年04月27日

医療機関 医療法人 豊隆会 ちくさ病院 更新日時:2018年04月02日

医療機関 社会医療法人 美杉会 佐藤病院 更新日時:2018年03月30日

医療機関 上越地域医療センター病院 更新日時:2018年03月27日

法人・グループ 徳島刑務所医務課診療所 更新日時:2018年03月27日

医療機関 医療法人創和会 しげい病院 更新日時:2018年02月20日

医療機関 公益財団法人 白浜医療福祉財団 白浜はまゆう病院 更新日時:2018年01月22日

医療機関 医療法人社団 寿量会 熊本機能病院 更新日時:2018年01月16日

法人・グループ 医療生協かわち野生活協同組合 東大阪生協病院 更新日時:2017年10月12日

法人・グループ 社会医療法人同仁会 耳原総合病院 更新日時:2017年10月12日

法人・グループ 米子東病院 更新日時:2017年09月15日

18 「リハビリテーション科」を知る

「リハビリテーション科」では、障害を負った患者の機能回復および社会復帰などQOLを取り戻すための支援、あるいは、その方向性を示して適切な医療機関や施設、そして在宅医療へ引き継ぐ役割があり、超急性期リハビリテーション、回復期リハビリテーション、在宅リハビリーションなど、患者の状況に合わせたリハビリテーションを提供します。
「リハビリテーション科」の医師は、運動機能に障害が生じた患者に対して医学的治療を施し、理学療法士や作業療法士による機能訓練の計画や検査、薬物治療、栄養管理などによるさまざまな療法を用いながら治療プログラムを決定します。
高齢化の加速による疾患の慢性化、障害化に伴い、「リハビリテーション科」のニーズは非常に高まっています。

幅広い診療領域と年齢層で必要とされる医療

高齢者は糖尿病や高血圧、心疾患など複数の疾患を有しているため、「リハビリテーション科」の医師は特定の疾患だけではなく、患者の抱える問題をトータルに考え、専門的な治療や手術が必要と判断した場合は他科と連携して治療を行います。
「リハビリテーション科」は、脳血管障害、外傷性脳損傷、脊髄損傷、小児疾患、四肢の切断、骨関節疾患、関節リウマチ、神経・筋疾患、心疾患、呼吸器疾患、摂食嚥下障害、腎機能や免疫機能障害を含む内部障害、がんなどの幅広い領域と年齢層でリハビリテーションが必要とされるため、内科、外科、脳神経外科、整形外科、神経内科、精神科などの知識も求められる診療科です。そのため、内科、外科、脳神経外科、整形外科、神経内科、精神科の医師は転科しやすい診療科であり、実際に転科して活躍している医師も多いのが特徴です。

重要度がますます高くなるリハビリテーション分野

急性期における医療が進歩し、さまざまな疾患の予後が改善するにつれリハビリテーションを必要とする人口も増えています。今後は本格的な超高齢化社会に突入していくため、リハビリテーションの重要性がさらに増していくことは間違いありません。
厚生労働省による「平成26年度 診療報酬改定の基本方針」では「リハビリテーション分野については、より充実が求められる」という記載がされました。また、「一般社団法人 回復期リハビリテーション病棟協会」によると、回復期リハビリテーション病棟の病床届出数及び累計数は平成12年度が全国で累計4,018床だったのに対し、10年後の平成22年には累計60,206床と約15倍に、平成27年度は77,102床と、毎年病床数は増加しています。さらに高齢化の加速によって「リハビリテーション科」の新設も増加すると予想されています。
また、「リハビリテーション科」では患者数に比べてリハビリテーション科専門医が圧倒的に少ないため、需要に対して供給が追いついていない問題もあります。こうしたことも含めて、リハビリテーション科専門医は売り手市場であると言えるでしょう。

ワークライフバランスに優れ、転科する医師も多い

「リハビリテーション科」は基本的にオンコールや夜勤がなく、平日日勤、4週8休制度など休日もしっかり取りやすく、ワークライフバランスに優れている診療科であると言えます。そのため他科と比較すると女性医師の常勤医の割合も多いことも特徴的です。
さらに、患者のQOLやADLの回復・向上など、今後の生活にまで及ぶ重要な医療に携わることができ、また、リハビリテーションによって入院期間の短縮や介護の軽減につながるなど、医療費削減にも貢献することができるため、やりがいも大きい診療科です。
「リハビリテーション科」はニーズが高いため、求人数も多く、経験者はもちろん未経験の医師でも比較的転職しやすい診療科であると言えます。転科する医師も増えており、特に脳神経外科、整形外科、神経内科などで経験のある医師は「リハビリテーション科」での経験がなくとも、勤務が可能という医療機関や施設が多いことも特徴です。

リハビリテーション科専門医について

リハビリテーション科専門医は、病気や外傷の結果生じる障害を医学的に診断治療し、機能回復と社会復帰を総合的に提供することを専門とする医師です。
専門医の資格は、リハビリテーション科が関与するすべての領域について、定められた卒後研修カリキュラムにより3年以上の研修を修め、資格試験に合格して認定されるものです。

【受験資格】

  1. (1)医師免許取得後5年以上及び日本リハビリテーション医学会加入後3年以上を経過していること
  2. (2)本医学会の定めた専門医制度卒後研修カリキュラムに基づき本医学会が認定する研修施設において3年以上の研修を行ったものであること
  3. (3)本医学会における主演者の学会抄録2篇を有すること
  4. (4)前号(3)の2篇のうち1篇は、本医学会地方会における会誌掲載の学会抄録または地方会発行の発表証明書をもってこれに代えることができる。
  5. (5)自らリハビリテーション医療を担当した30症例の症例報告を提出すること
  6. (6)自らリハビリテーション医療を担当した100症例のリストを提出すること

リハビリテーション科専門医について、詳しくは日本リハビリテーション医学会のホームページをご確認ください。http://www.jarm.or.jp/

※専門医資格については、各学会や日本専門医機構からの情報(2017年10月時点)を抜粋・参考にしていますが、内容を保証するものではありません。新専門医制度の発足によって、更新条件の変更なども発生しており、また、今後も研修内容、受験資格、更新条件の追加変更も予測されます。専門医については必ず各学会や日本専門医機構のホームページをご確認ください。

求人を探す