検索結果を表示

「臨床検査科」の年収について

臨床検査科の平均年収
参考求人が少ないため算出できず
(医師募集案件の平均年収
約1,454万円)
(医師の平均年収
約1,240万円)

※診療科の平均年収と募集案件の平均年収はMediGate1万件以上の医師募集案件から算出
※医師の平均年収は「厚生労働省 平成28年 賃金構造基本統計調査の統計データ」を参照

「臨床検査科」は求人募集が非常に少ないため、参考に値する平均年収を算出することができないため表記していません。
募集が極端に少ない理由として、医療機関に従事する臨床検査医の医師数は全国でわずか555人(2014年12月31日現在)であり、そのほとんどが大学病院や大きな総合病院に集中していることが挙げられます。
ちなみに、募集があった場合の年収は1,000万円~1,500万円の範囲で、臨床検査専門医の資格が必須となります。求人があってもすぐに人材が確保されてしまうため、転職を考えている医師は常に求人情報をチェックすることをお勧めします。
ただし、大学病院の医局や専門医取得のための募集、臨床検査医としての経験やスキルを活かすことができる人間ドック(健診医)の求人は多く、「臨床検査科」への転職にこだわらなければ、選択肢の幅は大きく広がります。

※この記事はMediGate編集部によって各診療科の特徴や年収の概要をまとめたものであり、実際の診療科での職務や年収は各医療機関によって異なります。記事内容については医師の方々が転職やキャリアを考える際の参考としてお考えください。

2 件中 1 - 2 件を表示

表示件数

医療機関 医療法人社団ラサンテ くにさわクリニック 更新日時:2018年07月02日

医療機関 一般財団法人 自警会 東京警察病院 更新日時:2018年05月14日

15 「臨床検査科」を知る

「臨床検査科」は2008年4月の医療法改正で病理診断科とともに標榜診療科となり、検体検査、生理検査、超音波検査、画像診断などを含む臨床検査医学などを専門とします。臨床検査医学は日本臨床検査医学会が「基本領域」の19学会の一つに数えられていることからも理解できるように、臨床医学の中でも基本的かつ横断的な学問分野であり、高い専門性と独立性を有しています。
臨床検査医は主に検査前後の臨床判断部分を担い(検査自体は主に臨床検査技師が担当)、臨床検査を通して診断や治療に役立つ検査結果と関連する情報を臨床医に提供し、臨床検査全体を管理します。

診断や治療に重要な役割を担う臨床検査

臨床検査医は、臨床検査を通して最適な診断や治療に役立つ検査結果などの情報を臨床医に提供し、さらに検査結果の信頼性を維持するために、臨床検査の精度や品質管理の責任を担います。また、保険診療においては「検体検査管理加算」を算定できるため、検体検査の品質を管理している常勤の臨床検査医が在籍することで相当の加算を獲得し、病院の経営面においても貢献しています。臨床検査医は感染制御(院内感染管理)における役割も担い、日常検査における正確で迅速な報告、病院感染を疑う事例の早期把握、院内感染対策チームにおける活動など病院の安全と医療の質の向上に欠かすことができない存在です。
このように、臨床検査医は正確な診断や最適な治療にとってはもちろん、健全で安全な病院運営においても重要な役割を担っています。

キャリアの幅を広げることができる診療科

疾患の予防や早期発見、最適な治療選択などに必要不可欠な「臨床検査科」は、超高齢化に突入する日本の医療の将来にとって非常に重要な役割を担うため、社会的ニーズも非常に高いと言えるでしょう。
臨床検査は範囲が広く深い知識と経験が必要な分野です。臨床検査医は検査という分野を通して、多くの他領域と関わるため幅広い領域を学ぶことができ、医師としての幅も広げることができます。特に内科系医師にとって臨床検査における診断学は非常に重要であり、プライマリケアはもちろん、高度な専門的医療にも欠かせません。さらに基礎研究、臨床研究ともに領域が広く、研究者としての活躍もできることが「臨床検査科」の魅力であると言えます。また他科からの転向も、血液、呼吸器、消化器はじめとした臨床経験を活かすことができますし、臨床検査専門医は、人間ドック(健診医)、超音波、遺伝、糖尿病、甲状腺、内分泌、感染症の専門医など、次のステップへの基礎となる専門医であり、「臨床検査科」は医師としてのキャリアの幅も広がる診療科です。

ワークライフバランスに優れた働き方が可能

「臨床検査科」は、病棟業務がなく、臨床検査医としての当直が基本的にありません。しかも、自分のペースでできる仕事やフレキシブルな勤務体制を取る場合が多く、働き方によっては時間が調整しやすいことが特徴的です。「臨床検査科」は女性医師にとっても働きやすい診療科であり、育児や介護などによる休職はあっても復職率は高く、専門性を持ちながらそれぞれの状況に合った働き方が可能で、ワークライフバランスに優れた診療科と言えます。

臨床検査専門医について

臨床検査専門医とは、臨床検査医学を修め臨床検査を通して診断や治療に役立つ検査結果と関連する情報を臨床医に提供し、検査結果の信頼性を維持するために臨床検査全体を管理する医師のことです。具体的には、診断コメントの作成や、臨床医からのコンサルトに対応します。また臨床検査の精度、品質管理の責任を担う医師であり、その専門性と独立性の高さから、日本専門医機構は臨床検査専門医を基本19領域の専門医の一つとして認定しています。

【受験資格】

  1. (1)日本国の医師免許証を有し、医師としてふさわしい人格・識見を持つこと。
  2. (2)出願時日本臨床検査医学会の会員であること。
  3. (3)日本臨床検査医学会の定める研修プログラムにより、5年間の研修を修了していること。
    2年間の初期臨床研修は5年の研修期間に含めてもよい。米国の臨床病理医認定試験合格者(Clinical Pathologist certified by the American Board of Pathology)およびそれと同等とみなされる外国の臨床検査専門医の認定資格を有する者について選択科目の受験を免除し日本における研修歴は2年とする。
  4. (4)日本臨床検査医学会の認定する認定研修施設において以下の内容の全てを含む研修を、3年以上終えていること。
    a)臨床検査医学(臨床病理学)総論(医療倫理、医療安全、遺伝子関連検査も含む)、
    b)一般臨床検査学、c)臨床血液学、d)臨床化学、e)臨床微生物学(感染症学を含む)、
    f)臨床免疫学、g)輸血学、h)臨床生理学
  5. (5)臨床検査室などでの日常業務内容を証明する、各種のコンサルテーション記録、骨髄像報告書、免疫電気泳動報告書、染色体分析報告書、その他の臨床検査医による解釈・コメント付き検査報告書、On-Callカンファレンス記録など20編を提出すること。ただし病理組織診断業務に関するもの、内科などの診療業務内容を主とする病歴要約などは含まない。
  6. (6)臨床検査医学(臨床病理学)に関する筆頭者としての原著論文または筆頭発表者としての学会報告が併せて計3編必要であり、3編のうち少なくとも1編は原著論文でなくてはならない。
    原則として、5年間の研修期間中に雑誌「臨床病理」あるいは日本臨床検査医学会もしくはその関連学会に発表したものであることが望ましい。
  7. (7)研修指導者の推薦があること。

臨床検査専門医について、詳しくは日本臨床検査医学会のホームページをご確認ください。http://www.jslm.org/recognition/purpose/index.html

※専門医資格については、各学会や日本専門医機構からの情報(2017年10月時点)を抜粋・参考にしていますが、内容を保証するものではありません。新専門医制度の発足によって、更新条件の変更なども発生しており、また、今後も研修内容、受験資格、更新条件の追加変更も予測されます。専門医については必ず各学会や日本専門医機構のホームページをご確認ください。

求人を探す