検索結果を表示

「整形外科」の年収について

整形外科の平均年収
1,548万円
(医師募集案件の平均年収
約1,454万円)
(医師の平均年収
約1,240万円)

※診療科の平均年収と募集案件の平均年収は1万件以上のMediGate医師募集案件から算出
※医師の平均年収は「厚生労働省 平成28年 賃金構造基本統計調査の統計データ」を参照

医師全体の募集における平均年収と比べ、「整形外科」の年収はかなり高くなっています。
「整形外科」にかかる患者は非常に多く、近年、高齢化社会が進んできたことにより、「整形外科」のニーズはさらに増えていくものと考えられます。外科の中でも求人数は非常に多く、クリニックやリハビリテーション施設などでも整形外科医が求められています。
募集年収は1,400万円~2,000万円が多く、年収は経験やキャリアはもちろん、救急対応、専門分野や手術スキルの有無、手術療法か内科的療法に重きを置くのかなど、医療機関の特性や働き方によって異なってきます。当然、救急やオンコールに対応ができ、専門性の高い手技を有している医師は年収が高くなります。

※この記事はMediGate編集部によって各診療科の特徴や年収の概要をまとめたものであり、実際の診療科での職務や年収は各医療機関によって異なります。記事内容については医師の方々が転職やキャリアを考える際の参考としてお考えください。

61 件中 1 - 20 件を表示

表示件数

医療機関 医療法人 果恵会 恵王病院 更新日時:2018年07月12日

医療機関 社会医療法人 弘道会 なにわ生野病院 更新日時:2018年07月11日

医療機関 社会医療法人 弘道会 守口生野記念病院 更新日時:2018年07月11日

医療機関 利根保健生活協同組合 利根中央病院 更新日時:2018年07月05日

医療機関 医療法人三宅会 グッドライフ病院 更新日時:2018年06月29日

医療機関 社会福祉法人恩賜財団済生会支部
神奈川県済生会 湘南平塚病院
更新日時:2018年06月29日

医療機関 公立八鹿病院 更新日時:2018年06月01日

法人・グループ 医療法人ハンス 宮内総合クリニック 更新日時:2018年05月31日

医療機関 石巻市立病院 更新日時:2018年05月31日

医療機関 公益財団法人 横浜勤労者福祉協会 汐田(ウシオダ)総合病院 更新日時:2018年05月30日

医療機関 医療法人 厚生会 福井厚生病院 更新日時:2018年05月28日

医療機関 八王子脊椎外科クリニック 更新日時:2018年05月25日

医療機関 医療法人社団 永寿会 天草第一病院 更新日時:2018年05月23日

医療機関 医療法人社団 明生会 イムス札幌消化器中央総合病院 更新日時:2018年05月23日

医療機関 一般財団法人 恵愛会 聖隷富士病院 更新日時:2018年05月18日

医療機関 とくなが病院 更新日時:2018年05月10日

医療機関 一般財団法人 積善会 十全総合病院 更新日時:2018年04月27日

医療機関 医療法人社団千葉秀心会 東船橋病院 更新日時:2018年04月27日

医療機関 医療法人社団風韻会 デルタクリニック 更新日時:2018年04月24日

医療機関 総合病院 鹿児島生協病院 更新日時:2018年04月19日

06 「整形外科」を知る

「整形外科」は、運動器官を構成する骨、軟骨、筋、靭帯、神経などの疾病・外傷を対象とし、その病態の解明と治療法の開発や診療を行う専門領域です。その対象は、脊椎・脊髄、骨盤、上肢、下肢と広範囲におよびます。背骨と脊髄を扱う「脊椎外科」、上肢を扱う「手の外科」、「肩関節外科」、下肢の「股関節外科」、「膝関節外科」、「足の外科」、スポーツによるけがや障害を扱う「スポーツ医学」、「リウマチ外科」、腫瘍を扱う「骨・軟部腫瘍外科」、骨粗しょう症などを扱う「骨代謝外来」と多数の専門分野があります。
患者は新生児、小児、学童から成人、高齢者まで、全ての年齢層が対象になり、他科と比べて患者数が非常に多いことも特徴です。

患者数が多く、社会的ニーズが非常に高い診療科

「整形外科」は、他科と比較して、新患、外来、入院、手術件数が多く、社会的ニーズが高い診療科です。超高齢社会の突入により今後ますます高齢者が増えることで、転倒や骨粗しょう症などによる骨折や変形性関節症、脊柱管狭窄症の増加、さらにスポーツ障害や外傷等、労働災害や交通事故の多発に伴い、「整形外科」のニーズは一層高まると予想されます。
さらに「整形外科」は、交通事故などの救急外傷も担う重要な診療科です。救急外傷は命に係るケースが多く、さらに後遺障害も起こりやすいため、救急医療に対応している医療機関のほとんどで救急対応ができる整形外科医が渇望されています。
また、リハビリテーション医療にも密接であり、運動器に関する後遺障害の運動器リハビリテーションにも「整形外科」が大きく係ることになります。「整形外科」から「リハビリテーション科」への転職や転科する医師もいます。

治療の進化により、高い専門スキルが求められる

「整形外科」は、一般整形外科、脊椎脊髄外科、関節外科、手の外科、足の外科、骨・軟部腫瘍外科、関節リウマチ外科、スポーツドクター、外傷整形外科、骨代謝・骨粗しょう症、小児整形外科、マイクロサージャリー、運動器リハビリテーションと幅広い専門領域があり、医療機関によって求められる専門スキルは異なってきます。
また、治療の進化も目覚ましく、近年は人工股関節・人工膝関節置換術、頚髄症・腰部脊柱管狭窄症に対する除圧術、手根管症候群に対する開放術、肩の腱板手術や、さらに手術後の早期退院・早期社会復帰を実現する低侵襲手術を積極的に行っている医療機関も多くあり、ADLの目覚ましい改善がみられています。高いQOLを重視する治療法など、患者から求められることも高度化しており、「整形外科」では年々高いスキルが求められてきているため、求人募集においてもスキルが重要視されます。

内科的治療の需要もあり、活躍できる場も多彩

「整形外科」における治療は、薬物療法、理学療法、運動療法、ブロック注射等の保存療法、手術療法、日常生活指導など、エビデンスに基づいた治療の選択肢が幅広くあり、「整形外科」ではそれだけ活躍できる場も多彩であるといえます。
「整形外科」では、薬物療法や保存療法など内科的診療も重要であり、生活習慣病ともいえる骨粗しょう症に対する薬物療法の進歩発展や、関節リウマチも薬物療法でコントロールできるようになったため、内科的治療のニーズも非常に高くなっています。そのため、例えば、育児中の女性医師でも外来診療中心の非常勤で働くなど、ワークライフバランスを重視しながら整形外科医として活躍することができます。

整形外科専門医について

整形外科専門医は、あらゆる運動器に関する科学的知識と高い社会的倫理観を備え、日々進歩する医学の新たな知識と技術の修得に日々まい進し、運動器に関わる疾患の病態を正しく把握し、高い診療実践能力を有する医師です。
整形外科専門医は、生活習慣や災害、スポーツ活動によって発生する運動器疾患と障害の発生予防と診療に関する能力を備え、社会が求める最新の医療を提供し、国民の運動器の健全な発育と健康維持に貢献することに努めます。さらに、運動器疾患全般に関して、早期診断、保存的および手術的治療ならびにリハビリテーション治療などを実行できる能力を備え、運動器疾患に関する良質かつ安全で心のこもった医療を提供することに努めている医師です。

【受験資格】

  1. 整形外科専門医は、日本整形外科学会会員となり日本整形外科学会の認定施設で臨床研修6年完了後、受験資格が得られます。 ただし、卒後初期研修期間2年間は日本整形外科学会に入会していなくても必要研修期間として申請することができます。したがって、初期研修終了後、後期研修プログラムに参加し、同時に日本整形外科学会に入会すれば、4年後には整形外科専門医の受験資格が得られます。

整形外科専門医について、詳しくは日本整形外科学会のホームページをご確認ください。https://www.joa.or.jp/index.html

※専門医資格については、各学会や日本専門医機構からの情報(2017年10月時点)を抜粋・参考にしていますが、内容を保証するものではありません。新専門医制度の発足によって、更新条件の変更なども発生しており、また、今後も研修内容、受験資格、更新条件の追加変更も予測されます。専門医については必ず各学会や日本専門医機構のホームページをご確認ください。

求人を探す