医師の求人、転職、募集情報でおなじみのMediGateによる

福井県の医師求人
公開求人件数1件(非公開求人を除く)

1 件中 1 - 1 件を表示

表示件数

医療機関 医療法人 厚生会 福井厚生病院 更新日時:2017年05月16日

福井県の生活環境

福井県は中部地方の西部に位置し、日本海にのぞむ県です。沿岸部は比較的暖かく、雪もそれほど多くありません。さすがに山岳地域は豪雪になります。
水田単作地帯の福井平野一帯は日本一の機業地帯で、化繊織物業が盛んで、敦賀半島(つるがはんとう)など若狭湾岸には原子力発電所が集中し、日本屈指の電源地帯となっています。
福井市内には越前松平家ゆかりの城下町があり、福井城や養浩館庭園、柴田神社などの史跡があります。断崖絶壁の東尋坊など見どころ満載の風景です。 賃料相場 福井県

福井県の医療

福井県の人口は、2000年から減少傾向を続けており、2000年から2012年までの12年間で人口は828,649人から799,127人へと3万人ほど減少しています。
しかし、全体の世帯数は逆に増えており、一世帯あたりの人員の減少が続いています。
また、65歳以上の人口割合も増加を続けており、2015年時点で人口の28.3%と、高齢者の割合が比較的高いと言えるでしょう。

医療の面では、病床の利用率が全国平均より高いのですが、入院日数についてはほぼ全国平均と同等です。
地域別の医療体制には格差があり、奥越地域と丹南地域では患者の5割以上が他の地域での診察を余儀なくされています。

医療
福井県の食べ物

福井と言えば越前ガニが有名ですが、実は越前ガニとして販売されているカニは全てオスってご存じでしたか?越前ガニは福井県の港に水揚げされた雄のズワイガニにのみ付けられるブランド名で、メスはセイコガニという名称で出荷されています。ズワイガニのメスはオスに比べて二割程度のサイズしかないため、セイコガニではあまり身を楽しむことはできませんが、卵やミソを味わえるとしてこちらも人気です。
その他にも、若狭湾ではふぐの養殖が盛んに行われており、若狭ふぐの名称で各地に出荷されています。越前ガニと同じく冬の味覚として是非召し上がって欲しい逸品です。

ちょっと変わった料理では、若狭湾で取れた鯖を塩漬けにして糠に漬け込んだへしこが有名です。元々は冬場の保存食として作られていた食べ物なのですが、現在ではふぐや鰯も使われるようになり、福井県全域で郷土の味として楽しまれています。へしこは表面の糠を洗い落として薄皮を剥ぎ、刺身にして食べても美味しいのですが、軽く炙って焼きへしこにするのもオススメの食べ方です。おかずにすればいくらでもご飯を食べられますし、お茶漬けにするとお茶漬けとは思えない濃厚な味わいを楽しめます。

食べ物
福井県の交通

福井へは大阪、名古屋、東京の各大都市から高速バスや飛行機、電車などを利用して移動できます。
東京都内からなら、夜行バスで8時間、電車なら新幹線で米原駅に行き、北陸本線に乗り換えるルートで3時間半程度の行程となります。急ぎの場合には小松空港へ羽田空港から飛び、空港から福井駅行きのバスを利用すれば2時間程度で移動できます。

大阪から福井へは、特急サンダーバードを利用すれば1本です。乗車時間は約2時間、途中で琵琶湖の湖畔を通るので、車窓からの景色も楽しめます。バスの場合は、大阪梅田から福井駅までで3時間半程度となります。電車に比べて高速バスは少々時間がかかりますが、料金は特急サンダーバードの6,030円に比べ、約半額の3,600円で移動できますので、時間や予算に合わせて使い分けると良いでしょう。

名古屋から福井へ向かう場合も、大阪からと同じくJRか高速バスがオススメです。JRの場合、名古屋駅から特急しらさぎを利用すれば約2時間、高速バスなら、名古屋駅から3時間程度の行程となります。料金は特急が5,700円、バスが3,000円です。

交通
福井県の教育

福井県は、待機児童が0人と、希望すればほぼ確実に認可保育園に入園できる環境となっています。そのため、出産後もすぐに仕事に復帰する母親が多いのですが、逆に共働き家庭の増加により、小学校での学童保育が増加傾向にあり、福井市内では学童保育の定員がオーバーした年もありました。

高校教育については、県立高校のレベルが高く、藤島高校、高志高校、武生高校の普通科が有名です。大学への進学率は2015年度では52.0%となっており、全国平均より高い水準となっています。ただ、県内への進学率は30.5%と、全国平均よりやや低く、県外への進学者が多い状況となっているようです。

保育所、待機児童数、進学校等のデータ一覧はこちら

医師国家試験合格率

大学名 合格率合計 新卒合格率 既卒合格率
福井大学 89.90% 93.10% 50.00%
福井県の観光

福井県の観光スポットと言えば、日本各地から観光客が訪れる福井県立恐竜博物館が有名です。恐竜に関する博物館としては日本最大級の規模を誇っており、2000年の開館から16年で来館者数は800万人を突破しています。広大な展示場には、2000近い各種標本と43体もの骨格標本が展示、さらにはジオラマや映像などもあり、大人から子供まで楽しめるスポットとなっています。恐竜博物館の所在地であるかつやま恐竜の森には、博物館以外にもさまざまな遊具が設置されており、お子様と一緒に遊んだり、化石を発掘したりすることも可能です。また、シャトルバスによる野外恐竜博物館へのツアーも開催されており、実際に化石を発掘している現場を見学したり、化石の発掘を体験したりすることも可能となっています。

景色を楽しみたい方には、坂井市にある東尋坊がオススメです。長さ1kmにも渡って続く断崖絶壁は国の名勝として指定され、毎年多くの観光客が訪れる絶景ポイントです。崖の上には遊歩道が設置されており、のんびり散歩をしながら景色が楽しめます。また、近くの乗り場からは観光遊覧船が発着しており、乗船すれば海からの絶景が堪能できるでしょう。
東尋坊を観光した後は、少し歩くと越前松島水族館があり、イルカショーやペンギンの散歩などを見ることができます。

観光