医師の求人、転職、募集情報でおなじみのMediGateによる

鹿児島県の医師求人
公開求人件数5件(非公開求人を除く)

5 件中 1 - 5 件を表示

表示件数

法人・グループ 国立ハンセン病療養所 更新日時:2017年04月13日

法人・グループ 国立療養所奄美和光園 更新日時:2017年11月17日

法人・グループ 国立療養所星塚敬愛園 更新日時:2017年10月19日

医療機関 医療法人 参篤会 高原病院 更新日時:2017年02月28日

医療機関 医療法人 和敬会 平和台病院 更新日時:2017年02月06日

鹿児島県の生活環境

九州南部にある鹿児島県は薩摩半島や種子島、屋久島、奄美諸島などがあり、桜島や霧島山といった活火山でも有名です。火山活動の影響により産出される温泉地も数多くあります。
鹿児島県は火山だけでなく、指宿温泉などの温泉群をはじめとし、世界自然遺産に登録された屋久島やサンゴ礁がまぶしい亜熱帯の島々など、四季折々の自然を楽しめます。
また、鹿児島は幕末の西郷隆盛や大久保利通といった人物を輩出した県としても有名です。
夏は高温多湿、冬は温暖な気候となります。
離島は亜熱帯性気候のため暑いことが多くなりますが、夏から秋は台風の影響を受けやすく風雨に気を付けることが必要です。 賃料相場 鹿児島県

鹿児島県の医療

鹿児島県は人口160万人、鹿児島大学病院や鹿児島市立病院を中心とした医療機関が261施設、一般診療所が1,415施設、歯科診療所が808施設あり、人口一万人あたりの病院の総数は1.55施設で全国でも2位となっています。
また、人口十万人あたりの医師数は全国平均を上回る257.8人で全国19位、看護師数は1,1050人で全国2位となっています。出生率は8.8%で合計特殊出生率(本県)は1.64とほぼ横ばいで推移しており、死亡率は12.6%と毎年高い数値で推移しています。

鹿児島県は生活習慣病の中でも「 脳血管疾患」「脳梗塞」「高血圧性疾患」では人口10万人あたり患者数(入院+通院)が全国でもトップクラス。また「へき地医療」が大きな課題となっており、その問題解決策として「ドクターヘリ」の導入を積極的に進めています。そして災害医療の面でおいても、災害派遣医療チームDMAT(ディーマット)の育成・推進を進めています。

医療
鹿児島県の食べ物

鹿児島県は温暖な気候がもたらした独特の食文化を持っています。醤油や味噌の味が甘めなのが特徴の一つです。
きびなごの刺身があり、包丁を使わずに手捌きで調理するのが特徴的です。
地鶏を刺身にして食べる「鳥刺し」や、さつま揚げやとんこつなどの美味しい郷土料理を美味しく仕上げてくれます。
黒豚・黒毛和牛・黒糖・黒酢など「黒」の付く食材が多く、その名を全国へと轟かせています。

そんな食べ物たちと相性抜群なお酒「芋焼酎」は鹿児島でもっともポピュラーなお酒として親しまれています。鹿児島で芋焼酎が主流になったのは、桜島の火山灰からできたシラス台地にさつまいもの栽培が適していたからという背景があります。鹿児島県ではさつまいもは焼酎やお菓子、おかずにまで幅広く浸透し、食文化の一端を担っています。

夏には「しろくま」という練乳とフルーツがたっぷりかかったカキ氷が人気で、有名店では大行列ができるほどです。四季を通して、美味しい食材に恵まれている鹿児島県は海の幸、山の幸を楽しめる食文化を持っています。

食べ物
鹿児島県の交通

鹿児島県の主な交通機関として、飛行機・JR・市電・バスがあり、県民の足として車も欠かせない土地柄でもあります。主な都市への鹿児島からのアクセスとして飛行機・鉄道・海路があり、車は九州自動車道をはじめとする高速道路も利用できるので九州へのアクセスは車と新幹線・鉄道が主になります。

九州新幹線全線開通により、鹿児島→福岡間は最短1時間17分となり気軽に行き来できるようになりました。経路による所要時間は下記をご参照ください。
【飛行機】羽田→鹿児島間が2時間、伊丹→鹿児島間が1時間20分。
【鉄道】東京→鹿児島中央 6時間30分、新大阪→鹿児島中央 3時間45分。
【海路】有明埠頭→志布志 30時間、大阪南→志布志 15時間。

また、近年は鹿児島中央駅周辺の開発も進み、新幹線・在来線・市電・バス等への乗り場も集約されているのでとても便利になっています。観光列車や観光バスも定期運行しているので、観光だけでなく鹿児島をより深く知るために活用されることをお勧めします。

交通
鹿児島県の教育

鹿児島県では国立鹿児島大学を始めとする大学6校、短大6校があります。高校は国公立合わせて約80校、220前後の学科数があります。その中で大学進学率は40%ほどと全国平均を下回っています。
その理由の一つとして専門課程を有している高等学校が多いことがあげられます。就職や専門学校への進学などを目指した高校選びをする傾向があります。

進学校として私立ではラ・サール高校や樟南高校、公立では鶴丸高校、甲南高校、中央高校などがあり、近年では小中学校からエスカレーター式の学校も増え、選択肢は多岐に渡ります。
また、小中学校では生徒1人当たりの教員数の割合が高いことでも知られ、より細やかな教育に取り組んでいます。進学から就職、専門学校まで幅広く進路を考えることができます。
また、県立学校生徒1人当たりの施設整備費予算額が、九州内で1位であることから、耐震などの設備面でもしっかりと整備しているので、安心して学ぶことができます。

保育所、待機児童数、進学校等のデータ一覧はこちら

医師国家試験合格率

大学名 合格率合計 新卒合格率 既卒合格率
鹿児島大学 85.80% 91.00% 46.20%
鹿児島県の観光

鹿児島といえば『桜島』です。現在でも活動している活火山として有名ですが、鹿児島県民にとってはパワースポットのような存在でもあります。時々噴火をし、火山灰が降り注ぐさまは鹿児島ならではです。

そして、世界遺産に登録されている屋久島、ロケットの打ち上げで知られる種子島など薩南諸島でのひと時はまた格別な時間を過ごせます。
また、明治維新で知られる西郷隆盛、大久保利通などの幕末の偉人たち所縁の場所を訪れるのもお勧めです。全国2位の湯量・源泉数を誇る温泉は、北は霧島から南は指宿まで各地で温泉が楽しめます。街中にあるお風呂屋さんも温泉のところが多いのも鹿児島ならではです。

いおワールドかごしま水族館では力強いイルカのショーが楽しめる他に、えさやり体験やバックヤードツアーなどもあります。
平川動物公園では動物の生態にあった展示をし、より動物を詳しく身近に観察することができます。自然豊かで歴史あふれる鹿児島は魅力で溢れています。

観光