医師の求人、転職、募集情報でおなじみのMediGateによる

奈良県の医師求人
公開求人件数1件(非公開求人を除く)

1 件中 1 - 1 件を表示

表示件数

医療機関 一般財団法人 信貴山病院 ハートランドしぎさん 更新日時:2017年07月19日

奈良県の生活環境

奈良県は、古代政治、文化の中心地で、近畿地方の中央部、紀伊半島の内陸部に位置する県です。
奈良盆地と周辺の山地からなり、飛鳥京、藤原京、平城京といった史跡が数多くあります。
四方を山で囲まれているため、年間を通じ雨も少なく、夏は暑く冬は寒いのが特徴です。 賃料相場 奈良県

奈良県の医療

奈良県の人口は、1,389.379人(2015年10月1日現在)であり、前年度比では7,500人の減少となっています。
2016年の合計特殊出生率は1.35で、前年度の1.27よりも上昇して全国44位から39位になりました。

医療従事者の職員数は医師3,389.70、看護師10,581.40(いずれも常勤換算人数)です。人口10万人あたりに換算すると医師242.0、看護師755.42となり、全国平均の医師244.12人、看護師840.13人と比較すると特に看護師の不足傾向がみられます。

医療施設設置数では、病院数が78棟、一般診療所の合計が1,075カ所です。人口10万人あたりにすると病院5.57棟で、全国の6.62をやや下回る結果になり、診療所76.75カ所では全国平均の68.42よりも高い数値となっています。介護に関わる看護師の数は全国平均とほぼ同等、介護職員の数については75歳以上1千人あたりで108.28となり、全国の100.99よりも充足している傾向です。

医療
奈良県の食べ物

奈良の気候風土の中で長い時間をかけて培われきた郷土料理は、現在も人々の食生活の中に深く浸透しています。

「飛鳥鍋」は、鶏ガラスープとミルクを合わせた出汁を使った鍋料理で、特に具材に特別な指定はありませんが、独特のまろやかな味わいが魅力です。

「めはりずし」は、寿司飯を使ったものではなく、海苔の代わりに高菜漬けを用いてくるみ込んだおにぎりになります。

「柿の葉寿司」は酢飯と魚の押し寿司ですが、ひとつひとつが柿の葉で包まれており、外していただくお料理です。以前は各家庭で当たり前に作られていたものですが、現在はお弁当や外食メニューとして提供されています。

奈良の特産品として土産や贈答品として知られている「奈良漬け」は、酒粕と砂糖を使って野菜を漬け込んだ品物です。野菜が飴色に浸かるまで早くても半年程度はかかると言われます。お店毎に味わいが異なっているので、いろいろと食べ比べて好みの「奈良漬け」を探すのも楽しみになるでしょう。

食べ物
奈良県の交通

奈良県の県庁所在地である奈良市へのアクセスは、近隣府県との鉄道ネットワークが構築されているため、地図で見るよりも近い感覚で移動することができます。大阪駅から50分ほど、京都市内からは45分程度の所要時間でスムーズに繋げられています。
東京からは、新幹線と在来線の乗り継ぎで3時間~3時間30分くらい、博多からも同程度の所要時間です。

航空機を利用する場合は、関西国際空港または伊丹空港が最寄りとなります。関西国際空港からはバス・鉄道ともに1時間30分あれば奈良駅に到着です。伊丹空港からの場合は、バスの利用で1時間程度となります。

交通
奈良県の教育

奈良県の保育所待機児童は、奈良市や橿原市など人口の集中しているエリアにまとまって発生しています。問題のない地域も多くなっていますが、都市部での待機児童数はまとまった改善傾向がみられないため、今後の対策が求められると言えるでしょう。

2016年に行われた全国学力・学習状況調査の結果は、全体として平均よりも下回るケースが多かったものの、おおむね平均点に近い正答率です。県内では、東大寺学園高校、西大和学園高、帝塚山高校などが上位高校となっています。

保育所、待機児童数、進学校等のデータ一覧はこちら

医師国家試験合格率

大学名 合格率合計 新卒合格率 既卒合格率
奈良県立医科大学 89.70% 94.20% 50.00%
奈良県の観光

奈良県は、大きく4つの区域に分けることができます。
まず、最も有名な観光地の集中したエリアが「奈良エリア」で、大仏殿を擁する「東大寺」、平城京の史跡にある「朱雀門」、「第一次太極殿」などがあるゾーンです。名の知れた観光地や博物館が多数建ち並び、四季を通して外国人観光客や修学旅行生で賑わっています。このエリア内にある奈良県庁は、屋上を無料の展望台として開放しており、誰でも気軽に利用可能です。観光で歩き疲れた時に立ち寄ってベンチで休憩をとりながら、五重塔や大仏殿を探してみてはいかがでしょうか。

「山の辺・飛鳥・橿原・宇陀エリア」には、「橿原考古学研究所」があり、付属の博物館で発掘品の展示を鑑賞することができます。時期によっては、興味深い特別展示が行われ、普段は見られない出土品類を見るチャンスです。

「吉野路エリア」には、高さ54mの「谷瀬の吊り橋」や、約50mを流れ下る「蜻蛉の滝」、遊覧船に乗れる「津風呂湖」といった風光明媚なスポットがあります。「津風呂湖」では、サイクリングやフィッシングを楽しむこともでき、名所・旧跡だけではない奈良の魅力を満喫することができるでしょう。

「生駒・信貴・斑鳩・葛城エリア」には、「藤ノ木古墳」があり、春季と秋季の年二回、内部公開が行われます。ツツジの名所として知られる「葛城山」は、標高960m、山頂からは全周を見渡せる絶景スポットです。ツツジの5月の他、一面が薄野原に変わる秋のシーズンの訪問も美しく、冬期は樹氷の観測が可能なため、通年景色を楽しむことができるのです。

観光