医師の求人、転職、募集情報でおなじみのMediGateによる

新潟県の医師求人
公開求人件数7件(非公開求人を除く)

7 件中 1 - 7 件を表示

表示件数

法人・グループ 医療法人社団 常仁会 更新日時:2017年10月04日

医療機関 医療法人 佐藤医院 更新日時:2017年11月22日

医療機関 独立行政法人 国立病院機構 さいがた医療センター 更新日時:2017年11月02日

医療機関 医療法人社団 新俊会 新保内科医院 更新日時:2017年11月01日

医療機関 上越地域医療センター病院 更新日時:2017年10月04日

法人・グループ 医療法人社団 白美会 新潟西蒲メディカルセンター病院 更新日時:2017年06月30日

法人・グループ 医療法人社団 白美会 白根大通病院 更新日時:2017年06月30日

新潟県の生活環境

新潟県は、日本列島のほぼ中心にあり、四季の変化を楽しめる県です。
豊かな大自然に恵まれた新潟は名前の知られた名峰も多く、山登りや滝、名水などを心ゆくまで堪能できます。
また、アウトドア施設も充実しており、美しい風景、巨大な公園、キャンプ場などいつ訪れても違う風景を楽しめます。
豊かな自然を利用したレジャーも観光客に好評で、夏はラフティング、冬はスキーなどでひっきりなしです。

また、海にも山にも面しているため、それぞれに応じた海の幸、山の幸を堪能することができます。豊富な雪解け水を背景に「米どころ」としても有名であり、おいしい水、豊かな大地より育てられたブランド米の「コシヒカリ」は高い値で取引されています。野菜、果物、鮮魚など、地元の食材を利用した郷土料理も必見です。
賃料相場 新潟県

新潟県の医療

新潟県の人口は2016年9月1日時点で2,287,795人です。
2015年の人口千人当たりの出生率は7.2、合計特殊出生率は1.44。死亡率は人口千人あたり12.3であり、人口自然増減率は人口千人当たり-4.9です。

医師数は2015年時点で4,646人、うち4,353人が医療施設、104人が介護老人保健施設に従事しています。人口十万人当たりの医師数は182.1人、看護師数は906.5人。人口十万人当たりの医師数と看護師数はいずれも全国平均を下回っており、2015年度は医師数が全国43位、看護師数が29位です。医師の年代は50代が最も多く、40代、30代と続きます。
医療施設数は2014年時点で2,988、うち病院は131施設で一般診療所は1,687施設となっています。
人口十万人当たりの医療施設の総数は129.2、病院数は5.7、一般診療所数は72.9。これらすべてが全国平均と比較して少ないです。他方、人口10万人に対する医療施設に従事する歯科医師数は全国平均を上回っています。

医療
新潟県の食べ物

米の生産量が多い新潟県では米を使った料理を味わえます。美味しい米の味を堪能できる料理のなかでも特におすすめはタレかつ丼。新潟市で生まれたタレかつ丼は卵とじのかつ丼とは異なり、ごはんの上にタレが付いたとんかつをのせたどんぶりです。タレはしょうゆベースであり、ごはんとよくマッチした美味しさを味わえます。

新潟県産の米の味を堪能できる料理を食べたいときは鯛茶漬けもおすすめです。柏崎市の郷土料理である鯛茶漬けは天然真鯛の味を気軽に堪能できる一品であり、2013年に開催された第3回全国ご当地どんぶり選手権でもグランプリを獲得しています。柏崎市のお店ではそれぞれのお店オリジナルの鯛茶漬けを味わえます。出汁やトッピングなどに工夫が詰まった数多くの鯛茶漬けからお気に入りを見つけてください。

新潟県ではほかにもサトイモやゴボウ、ニンジン、鶏肉が使われた家庭料理「のっぺい汁」や笹の葉の上に酢飯と具材が乗った「笹寿司」などの郷土料理があります。

食べ物
新潟県の交通

日本海沿岸のほぼ中心にある新潟県は日本の主要都市からアクセスが便利です。
東京都から新潟県に行く場合、上越新幹線に乗っておよそ2時間、成田空港からは約1時間で新潟空港に到着できます。
車の場合は道路状況にもよりますが、練馬ICから新潟ICまで3時間程度。高速バスを利用した場合は5時間程度です。

大阪府から新潟県に向かいたいときは飛行機の利用が便利です。伊丹空港から新潟空港までは約1時間。1日に10便飛行機が飛んでいます。
新幹線で向かいたい場合は新大阪から東京まで2時間半程度、東京からは2時間程度であるため、4時間半から5時間程度で新潟県に到着できます。
車では大阪府から新潟県まで6時間半程度、高速バスでは9時間半程度です。

新潟県内はJR線や高速バス、車などで移動でき、佐渡島までは新潟港、寺泊港、直江津港からフェリーや高速船が運行されています。新潟港から佐渡島までは1時間から2時間半程度です。

交通
新潟県の教育

新潟県の保育所等の数は770か所、待機児童数は0人(2016年4月1日時点)。
新潟県の教育のキャッチフレーズは「個を伸ばす教育」であり、知識や能力の習得とともに個性を伸ばす教育の実現を目指しています。この一環として自然と触れ合う体験活動や企業の協力を得た実習などが実施されています。

公立の小中学校で実施された2016年度の全国学力・学習状況調査において小学校は平均以上、中学校は平均程度の正答率でした。高等学校等進学率は99.5%(全国2位)、大学等進学率は46.72%(全国32位)。公立の進学校としては新潟高校や新潟南高校、長岡高校などが挙げられます。

新潟県にある公立大学は新潟大学、長岡技術科学大学、上越教育大学、新潟県立大学、新潟県立看護大学、長岡造形大学の6校。大学・短期大学収容力指数は大学、短期大学ともに全国平均より下回り、大学は28位、短期大学は38位です。県内大学・短期大学入学者に占める自県出身者の割合は大学が56.9%で全国7位、短期大学が95.4%で全国5位といずれも高くなっています。

保育所、待機児童数、進学校等のデータ一覧はこちら

医師国家試験合格率

大学名 合格率合計 新卒合格率 既卒合格率
新潟大学 93.00% 94.50% 78.60%
新潟県の観光

新潟県で歴史や自然に触れたいときは日本海最大の島である佐渡島がおすすめです。佐渡島は古事記にも登場する島であり、史跡なども残されています。また、佐渡島は自然が豊かであり、さまざまな植物を見たり、海水浴を楽しんだりできます。佐渡市にあるトキの森公園を訪れると自然放鳥されているトキの姿も見られます。
自然を楽しみたいときは笹川流れもおすすめです。県北部にある11㎞も続く海岸では青い海や白い砂浜とともに日本海の浸食によってできた珍しい形をした岩などを眺めることができます。疲れた体をいやしたいときは越後湯沢を訪れてみてください。

川端康成の代表作「雪国」の舞台である越後湯沢では温泉に入って体を休められます。秋には紅葉、冬にはスキーも楽しめます。
新潟県にはほかに月岡温泉や瀬波温泉などもあります。夏には信濃川河畔において日本三大花火大会の一つである「長岡祭り」が開催されており、美しい花火を眺めることができます。

観光