医師の求人、転職、募集情報でおなじみのMediGateによる

山形県の医師求人
公開求人件数3件(非公開求人を除く)

3 件中 1 - 3 件を表示

表示件数

法人・グループ 法務省矯正局 更新日時:2017年09月08日

医療機関 山形県立新庄病院 更新日時:2017年07月18日

法人・グループ 山形刑務所医務課診療所 更新日時:2017年05月10日

山形県の生活環境

山形県は東北地方南西部、日本海にのぞむ県で、国内有数の稲作地帯である庄内平野が最上川の下流域に広がり、内陸の盆地を中心に果樹栽培が盛んな農業県として知られています。
観光資源にも恵まれ、近年は交通機関が整備され、先端技術型産業の工場進出が活発です。
温泉王国でもあるため、山や渓谷に囲まれた温泉、海沿いの絶景温泉など、目的に合わせて様々な温泉を楽しむことができます。
北西部の庄内地方、北東部の最上地方、中部の村山地方、南部の置賜地方(おきたまちほう)に区分されます。
庄内平野のある海岸部は日本海を渡る湿った空気により多雨多湿となることが多く、冬は季節風が吹きます。村山地方などの山間部は雨や雪の多い地域となります。
また、サクランボは日本一の生産量で全国生産量の7割を占めています。 賃料相場 山形県

山形県の医療

2016年9月1日時点で山形県の人口は1,112,660人、世帯数は395,532世帯です。
2014年の出生率は7.1、死亡率は13.2。2015年の出生数は7,831、死亡数は14,960、人口千人に対する自然増減率は-6.4人で全国44位でした。合計特殊出生率は1.50で全国24位となっています。

2014年12月31日時点で県内の医師数は2,606人、人口十万人当たりの医療施設に従事する医師の数は215人で全国平均を下回っています。県内の医師の平均年齢は51.4歳。年齢層は55から59歳が最も多く、50から54歳、45から49歳と続きます。
医療機関数は2015年10月1日時点で病院が68、一般診療所が936。人口十万人当たりの病院数は6.1、一般診療所数は83.4。前者は全国平均を下回り、後者は全国平均を上回っています。
人口十万人当たりの病床数は病院が1,317.5で全国平均の1,232を上回り、一般診療所が63.4で全国平均の84.7を下回っています。

医療
山形県の食べ物

山形県の特産品はさくらんぼ。県内の栽培面積の75%を占める「佐藤錦」は県中央部にある東根市で1928年に生まれました。毎年6月の中旬に収穫時期を迎え、甘さと酸っぱさを感じられる味わいです。

山形県はほかにもぶどうやラ・フランスなどの生産量が多く、旬の時期には美味しい果物を味わえます。山形県の郷土料理としては「いも煮」や「どんがら汁」が挙げられます。
いも煮は里芋や牛肉、こんにゃくなどを煮込んだ料理。毎年秋には6mの大鍋で作られたいも煮を食べる「日本一の芋煮会」も開催されています。県内でも地方によって使われる具材が異なるため、訪れる土地によってさまざまな味を楽しめるでしょう。
どんがら汁は庄内地方の郷土料理。冬に日本海でとれた鱈を余すことなく使った鍋料理であり、鱈の内臓の甘さやコクを堪能できます。

山形県ではほかに「冷やしラーメン」や「とりもつラーメン」、「肉そば」などの麺料理も楽しめます。

食べ物
山形県の交通

東京都から山形県に向かう場合は羽田空港から山形空港まで飛行機で約60分。
鉄道を利用すると東京駅から米沢駅まで新幹線で約2時間。山形駅まで向かう場合はさらに30分程度かかります。
高速バスを利用する場合は東京から山形まで約5時間10分。関東地方から車で山形県まで向かう場合は川口JCTから山形蔵王I.C.まで約4時間20分です。

大阪府から山形県に向かう場合は伊丹空港から山形空港まで飛行機で約1時間10分。
高速バスではあべの橋駅から山形駅まで約13時間かかります。

愛知県から山形県に向かう場合は小牧空港から山形空港まで約1時間5分です。

東北地方から山形県に向かう場合は特急在来線の利用が便利であり、仙台駅から山形駅まで約1時間5分。仙台駅から都市間バスを利用した場合は米沢市役所まで約2時間10分です。
山形県内の移動には鉄道や路線バスを利用できます。

交通
山形県の教育

山形県の保育所数は330か所、待機児童は0人(2016年4月1日時点)。

2016年に実施された全国学力・学習状況調査において山形県の公立小学校の正答率は国語A、国語B、算数A、算数Bいずれの教科においても全国平均を下回っています。中学校の正答率は数学Bが全国平均を下回ったものの、国語A、国語B、数学Aにおいては全国平均を上回りました。

2016年3月卒業者の高等学校等進学率は前年度から0.1ポイント低下した99.3%。全国で2番目に高い割合です。他方、大学進学率は44.9%であり全国平均の54.9%を大きく下回っています。
県内の主な上位高校は山形東高校、山形南高校、山形西高校など。県内には国立の山形大学や山形県立保健医療大学、山形県立米沢栄養大学などがあります。
2016年度の山形大学志願者数は6,107人、入学者数は1,762人。入学者のうち409人が山形県の高校、1,103人が山形県を含む東北地方の高校出身です。

保育所、待機児童数、進学校等のデータ一覧はこちら

医師国家試験合格率

大学名 合格率合計 新卒合格率 既卒合格率
山形大学 94.90% 95.30% 85.70%
山形県の観光

村山地方にある「蔵王温泉」は1900年もの歴史をもつと言われる温泉。温泉街の近くには「蔵王温泉スキー場」もあり、スキーで疲れた体をいやすこともできます。蔵王温泉スキー場の楽しみはウィンタースポーツだけではありません。春は花の鑑賞、夏はトレッキング、秋は紅葉狩り。四季それぞれの美しい自然を堪能してください。
山形県にはほかにも庄内地方の「湯野浜温泉」や「あつみ温泉」、村山地方の「銀山温泉」など温泉が点在しています。泉質が異なるため、さまざまな温泉を訪れてみてください。

山形県には歴史を感じられる観光スポットもあります。
「山寺」と呼ばれる「立石寺」は松尾芭蕉が句を詠んだ天台宗の寺。創建が860年の歴史ある立石寺は自然に囲まれているため、寺院の見学とともに自然の景観も堪能できます。
その他、山形県では最上川を船の上から眺められる「最上峡芭蕉ライン舟下り」やさくらんぼやりんごなどの「果物もぎとり体験」も楽しめます。

観光