法人・病院グループ情報

勤医協苫小牧病院の<br>「地域医療」

勤医協苫小牧病院 宮崎医師からのメッセージ

内科のゲートキーパーの役割を担い、患者さんをトータルに診療

当院は無差別・平等の医療実践をめざす北海道勤労者医療協会が展開する医療機関として、1981年4月に苫小牧市で開院しました。現在は、診療科として内科、整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科を開設しており、急性期病棟42床(うち地域包括ケア病床12床)・回復期リハビリテーション病棟38床の計80床を備えた病院として、人口約17万人の苫小牧市を中心とする東胆振地域の医療を支えています。

当院の特徴は健診から慢性疾患管理、入院、そして在宅医療まで患者さんをトータルで診療していることです。内科は地域におけるゲートキーパー的な役割を担っています。特に高齢の患者さんの場合、高血圧、喘息、糖尿病などいろいろな専門分野の疾患を抱えている方が少なくありません。大切にしているのは、患者さんの全体像をとらえて診療にあたることです。そして必要に応じて専門的な診断・治療については地域の他の医療機関と連携して対応しています。

また、医師複数体制の整形外科は、手の外科・マイクロサージャリーの分野をはじめ、幅広い手術を手がけています。そして管内に少ない回復期リハビリテーション病棟を持つ医療機関として、在宅復帰を目指したリハビリに力を入れているのも特徴の一つです。地域包括ケア病床も利用してポストアキュート、サブアキュートの患者さんに対応しています。さらに在宅療養支援病院として在宅医療にも積極的に取り組んでいます。

当院で重視しているのは、患者さんの家族や仕事、地域の中での暮らしぶりといった背景をしっかり理解した上で、自分たちがどのように療養を支えていけるかを考えることです。さらに患者さんの治療だけでなく、地域の皆さんの健康を支える活動も行っています。地域の方たちによる「健康友の会」という1万人を超える組織があり、会員の皆さんからのフィードバックを受けながら健康増進活動を行っています。

当院が求めているのは、一人の患者さんをトータルに診療することをめざしたい医師です。現在、総合内科専門医2名、プライマリ・ケア指導医3名と揃っており、プライマリ・ケアに取り組みたい方にはおすすめです。在宅医療に取り組んでみたい方も歓迎します。管内ではニーズはあるものの、在宅医療を行っている医療機関はまだ少ないことから、今後さらに力を入れていく考えです。当院ではチーム体制を整え、複数の医師が交代で診療しているので、無理なく取り組むことができます。

地域がみえやすい医療圏と病院規模
誰もが安心して暮らせる社会と地域づくりを一緒にめざしませんか

当院は規模だけを見るとそれほど大きくありませんが、プライマリ・ケア、回復期、在宅医療機能など地域から求められる多くの機能を持っています。そのため、一人ひとりの医師が果たす役割は大きく、やりがいを感じながらさまざまなことに挑戦できる環境です。そして、地域社会に根ざした医療を展開しているので、中規模都市・苫小牧の医療圏を理解しながら医療に取り組むには最適な職場だと自負しています。今後は医師の数を増やし、働きやすさをさらに追求しようと考えています。健康で暮らしたいと願う人々の思いに心を寄せ、誰もが安心して暮らせる社会と地域づくりをめざす私たちと一緒に、地域医療に取り組む方をお待ちしています。

勤医協苫小牧病院の求人情報
交通 道南バス バス停「北光小学校前」下車 徒歩5分
雇用形態 常勤
募集人数 若干名
募集科目 一般内科
募集理由 体制強化のため
勤務内容 外来・病棟管理・訪問診療
給与 医師免許取得後
5年目標準:年950万円~1,000万円
10年目標準:年1,100万円~1,500万円
15年目標準:年1,300万円~1,600万円
その他:応相談
※金額は目安です。
勤務日数 週5.25日(月~金、土曜日隔週/4週6休)
勤務時間 (平日)8:45~17:00
(土曜)8:45~12:30(※第4週は休診)
当直・オンコール 要相談
休日 土曜日(隔週)、日曜日、祝祭日
休暇 年末年始5日間(12/30~1/3)・夏期・秋期休暇6日間
・有給休暇
福利厚生 社会保険完備・退職金制度あり・通勤手当あり・赴任手当あり・学会参加制度あり
相談可能な調整 応相談
備考 ---