法人・病院グループ情報

千葉県勤労者医療協会

社会医療法人として地域医療に取り組む

当法人は、1974年に4つの診療所法人が合同して設立され、それを力に1976年千葉健生病院、1981年船橋二和病院を建設し、今日2病院、9診療所、1老人保健施設、7訪問看護ステーション、4居宅介護支援事業所、さらに行政から委託を受けた2地域包括支援センター・3在宅介護支援センターを運営する、県内で有数の規模を誇る法人です。

人口が密集した若年人口も高い千葉県北西部を診療圏にもち、2010年には救急医療と小児救急医療の要件を満たして、公益性が高いと評価される「社会医療法人」の認可を受けました。

医療から福祉介護にわたるネットワークを生かし、また3万4千人の会員を擁する健康友の会をパートナーとして、さらには千葉民医連内の各法人、行政や地域の医療機関・介護施設などと連携し、地域のみなさんが安心して住み続けられるまちづくりをすすめています。

沿革
1974年 4つの診療所法人が合同して「千葉県勤労者医療医療協会」設立
1976年 千葉健生病院を開院
1981年 船橋二和病院を開院
現在 ・2病院(千葉健生病院、船橋二和病院)
・9診療所
・1老人保健施設
・7訪問看護ステーション
・4居宅介護支援事業所
・2地域包括支援センター
・3在宅介護支援センター
を運営
ごあいさつ

千葉県勤労者医療協会 石川広己

お金のあるなしで差別する医療ではなく誰でも公平に受けることが出来る医療。
利潤追求を目的とするのではなく、人々の命と健康を守ることを第一義的な目的とする医療。

私たち千葉県勤労者医療協会は、医療という人々の生活になくてはならない営みは「無差別・平等」であるべきと考えています。その実践として「差額ベット料をいただかない」「無料低額診療」に取り組んでいます。

私たちは1970年代から初期研修に基幹科ローテートシステムを取り入れて、現在も継続しています。広い分野で培った総合的な力量を基礎に、専門性を持った医師養成に取り組んできました。
これから迎える超高齢化社会では、医療と介護の連携した展開が重要です。私たちが求める医師としての資質は、知識や技能にとどまらない患者を中心とした医療・介護・福祉を実践する総合力です。医療の専門性の基礎には、医療分野だけではない総合的な知見がもとめられます。

また、私たちのフィールドは、外来、急性期医療はもとより、地域包括病棟・回復期ケア病棟・療養病棟、在宅医療、老健施設、健診分野などに広がっています。地域住民のいのちと健康を「丸ごと」支える活動を展開しています。

千葉県勤労者医療協会は患者中心の全人的な医療活動に取り組み続けます。私たちと一緒に働いてくださる方をお待ちしております。

千葉県勤労者医療協会の医療機関一覧はこちら

医師募集情報はこちら

お問い合わせはこちら

社会医療法人
千葉県勤労者医療協会

〒262-0023
千葉市花見川区幕張町4-524-2

043-272-2121

043-213-9022

お問い合わせはこちら

千葉県勤労者医療協会ホームページ