法人・病院グループ情報

刑務所で働く医師募集 -法務省矯正局-

刑務所の医師(矯正医官)ってどんな仕事?

矯正医官~法務省の医師という選択~

▲YouTube法務省chの動画にリンクします▲

矯正医官とは

刑務所などの矯正施設内に設置された診療所(又は病院)の管理者として、被収容者の健康診断を実施し、疾病に罹患した者に対する冶療を行います。また、施設内の保健・衛生管理を行い、感染症の蔓延等を防止することも重要な役割です。

被収容者に対する医療全般について策一次的に対応しますので、総合診療医的な位置付けですが、医療刑務所などでは、専門医として、全国から移送される患者の治療を行います。被収容者の健康管理は、再犯防止のための各種改善指導等の基盤です。

この仕事のやりがい

刑務所や少年院では、犯罪者や非行少年を社会から隔離するだけでなく、社会復帰すなわち釈放後の住居確保、就労支援を含めた再犯防止まで視野に入れなければなりません。それらの前提としての心身の健康はなくてはならないものです。

矯正医官としてのやりがいは、単に医師としての技能を発揮するだけに留まらず、司法、医療、福祉、教育、心理などの他職種との連携の下に全人的な関わりができること、創意工夫を要するチャレンジングな課題が山積していること、人々の安全を守る最後の砦として社会貢献しているという自負が持てることです。

矯正管区・施設一覧はこちら

矯正医官の6つの魅力

  • 一般職職員の給与に関する法律に基づき、医療職俸給表が適用され、経験年数等に応じて給与が決定。
  • 扶養手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当、超過勤務手当などが支給。

  • 希望により、施設に隣接する宿舎に無料で入居することができます。

  • 平日勤務時間(38時間45分)のうち最大19時間までを、外部医療機関や大学等での調査研究や医療技術向上に充てることが可能。
  • 施設出勤日=週2日も可能(矯正施設の事情にもよる)

  • 国家公務員の医師の中で、矯正医官は兼業の特例が認められている。
  • 勤務時間の内外を問わず、外部医療機関等での兼業が可能。
    ※勤務時間内の兼業は、1週間当たり19時間が限度(その分の給与は減額)

  • 自己申告に基づき、勤務開始時間と終了時間を変更することが可能(通常の勤務時間は8時30分~17時)
  • 矯正施設外での調査研究や兼業が認められ、フレックスタイム制による柔軟な勤務時間配分が可能。
  • 臨床医療に従事しつつ、調査研究をされたい方には最適な職場。
  • 柔軟な勤務時間について、くわしくはこちらをご覧ください。

◆勤務スケジュール例/大学院生として調査研究を行いたい場合◆

子育てをしながら働いてみませんか?仕事と家庭を両立させる仕組みがたくさん整備されています。

  1. 育児休業
    子が3歳になるまでの問、男女を問わず取得できます。
  2. 育児短時間勤務
    小学校就学の始期に達するまでの子を養育するため、短時間の勤務が可能です。
  3. 育児時間
    小学校就学の始期に達するまでの子を養育する職員であれば、1日の勤務時問の始め又は終わりに2時間の範囲で育児時間を取得できます。
東日本成人矯正医療センターの運用開始へ

在籍している医師の体験談case3

2018年1月から開設された東日本成人矯正医療センターとはどういう施設でしょうか?

東京都八王子市にあった八王子医療刑務所が東日本成人矯正医療センターとして生まれ変わり、今後、関東医療少年院、神奈川医療少年院、及び八王子少年鑑別所が移転集約される予定です。
また同敷地内には刑務所などの職員の研修をする矯正研修所や、公安調査庁研修所もあり、国際法務総合センターとして新たに運用が開始されました。(連)

診療しているときに危険を感じることなどはないですか?

イメージと全く違い、在勤中に怖い思いをしたことは一度もないですね。最近のモンスターペイシェント事情を考えると、逆に安全なぐらいです(笑)
診察室には看護師、刑務官らが必ず付き添いますので保安上は安心ですし、被収容者が医師に暴言を吐いたり、暴力を振るうということもまずありません。収容される患者は "自分の病気を治してほしい" という強い気持ちを持っていますので、私たちとは良好で適切な関係を築こうとします。
(小川)

やりがいや印象に残っていることは?

幼少期から親に虐待され、学校でもいじめられ、居場所がなくなって夜間徘徊や家出を繰り返す中で不良仲間にそそのかされて覚せい剤に手を出した中学生の女の子がいました。栄養失調でやせ衰え、悲惨な状態で入院してきましたが、規則正しい集団生活の中で教官に指導され、看護師にケアされ、カウンセリングや薬物治療の効果もあり、徐々に健康を取り戻しました。最後には『ありがとう。お世話になりました。先生たちのことは一生忘れません』と手紙を残していきました。ケースバイケースですが、少年院にいる患者の多くは回復していきます。子供たちが成長し、改善・更生していく姿を見ることができ、この仕事に大変やりがいを感じます。(奥村)

働き方も大きく変わったようですが、いかがですか?

2015年に成立した「矯正医官特例法」でフレックス制度導入や、平日昼間の兼業が認められるようになりました。
また女性の矯正医官も増えてきており、東日本成人矯正医療センターには2名の女性常勤医が在籍しており、フレックスなどを活用して勤務しています。
自由になる時間が多いので、研究を続けたい医師や第二の人生として新しい働き方を考えている医師、子育てや介護と両立させたい医師にとって、矯正医官の道が選択肢の一つになるのではないかと思います。(奥村)

矯正管区・施設一覧はこちら

お問い合わせはこちら

法務省矯正局
総務課人事企画係(矯正医官採用担当) 矯正医療管理官室

〒100-8977
東京都千代田区霞が関1-1-1

03-3580-4111

刑務所で働く医師募集 -法務省矯正局-ホームページ

医師ペディア寄稿vol.1

医師ペディア寄稿vol.2

医師ペディア寄稿vol.3

医師ペディア寄稿vol.4

医師ペディア寄稿vol.5

マガジン3月号

ドクターズマガジン2017年3月号に特集「矯正医官という働き方」を掲載しています。