医師のワークスタイル

UMINへ関わるきっかけ

UMIN

日本最大の公的医療ネットワークの大学病院医療情報ネットワークUMIN(University Hospital Medical Information Network)のセンター長として日々尽力されている木内貴弘 教授に、UMINの現状や活用法、今後の展開をお伺いしました。


UMIN立ち上げから普及するまで

UMINは、全国42の国立大学病院のネットワーク組織として誕生しました。東京大学医学部附属病院内にセンターが設置されています。現在では、研究、教育、診療、病院業務等、幅広い多様なサービスを国立大学以外の研究教育機関、医療機関にも提供しています。特に医学研究者主導の医学研究の支援サービスや演題登録サービスは非常に有名で多くの人に使われています。

UMIN設立のきっかけは、1986年に全国のすべての国立大学病院にコンピュータの導入が完了して、医事会計の計算などに利用されていたことです。全国の国立大学病院のコンピュータを専用回線で相互に接続し、様々なサービスをネットワーク上で展開しようという流れになり、UMINが立ち上がるに至りました。

1993年からインターネットを介したサービス提供を開始しました。当時は現在のようにインターネットが普及しておらず、主な連絡手段といえば郵便かFAXでした。インターネットに接続されていない国立大学病院も多く、また接続されていたとしても、メールサーバを持っていないところもありました。各国立大学病院には、UMINへの接続予算が配分されて、これを使って、インターネットへの接続を行って、無料でUMINの電子メールやその他のサービスが使えるようになりました。このため、UMINの利用開始がインターネットや電子メールの利用開始を意味している大学もたくさんありました。その後、国立大学以外のすべての医療関係者にサービスの範囲を広げ、現在では、医療関係者のための重要な情報インフラストラクチャーとなっています。


UMINと関わるきっかけ

東京大学

現在のようにここまでITが重んじられるようになるとは思っていませんでしたが、IT分野は将来、必ず大きくなると身をもって感じていました。そこで、臨床研修を終えた後に、東京大学大学院で医療情報学を専攻することにしました。大学院在学時にUMINのサービスが開始されることを知りました。立ち上げ当初からUMINの業務に携わっていたわけではありませんが、どのようなサービスであるかなどの情報は大学院在学中に把握していましたし、医療情報の業務に携わりたいと考えていたこともあり、UMINのような全国規模でのネットワークシステムの存在と将来性に惹かれていました。その後、運よくUMINに勤務することでき、現在まで継続してUMINの業務に携わっています。

私が大学院生になった1980年代は、医療情報学、すなわち医療のITの重要性を感じている医療関係者が極めて少なかったのを覚えています。そのような状況のなか、UMINの生みの親である開原成允先生が文部科学省に働きかけたことで、国立大学病院におけるITに関する予算が増え、日本の中では、国立大学病院はもっとも早い時期に病院のIT化に着手しました。医療情報学の分野では、20代の頃から医療情報学を学び業務に従事しているという意味では、私たちの世代が第一世代にあたります。UMINによって、国立大学病院のコンピュータが相互接続され、更にインターネットの普及の波に乗り、文部科学省も予算の増額をする流れとなり、UMINのサービスの種類が増え、質も向上して、利用者・利用件数が急速に増大しました。

<プロフィール>

木内 貴弘 教授

木内 貴弘(きうち・たかひろ)

東京大学大学院医学系研究科教授
医学博士

››› 大学病院医療情報ネットワークUMIN
››› 東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野

1986年 東京大学医学部医学科卒業
1987年 公立昭和病院内科で初期臨床研修
1988年 東京大学大学院医学系研究科に進学
1997年 東京大学医学部附属病院中央医療情報部助教授
2004年 東京大学医学部附属病院大学病院医療情報ネットワーク研究センター長、教授(現任)
2007年 東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻疫学・保健学講座医療コミュニケーション分野教授(併任)


医療業界に関する役立つ情報をメールマガジンにてお届けしております。
ご希望の方は下記バナーより会員登録(無料)をお願いいたします。

MediGate新規会員登録(無料)


››› 医師ペディア一覧に戻る