海外

「週刊北原」vol.14 ーRNとAPNー

MediGateは民間医局コネクトとしてリニューアルしました。
>>>民間医局コネクト WEBサイトはこちら

シカゴの街並み

米国イリノイ州にあるシカゴ大学で心臓外科医として働いている北原大翔と申します。

この企画は、日本で育ち日本で心臓外科医としての研修を受けた僕が、米国での臨床留学中に経験する医療や教育の違い、心臓外科医として、この1週間に対応した症例、手術室で起こる日本ではありえない出来事などを、真面目かつ可能な限りリアルな形で伝えることを目的としています。

今週の症例数

症例 June
17 18 19 20 21 22 23
Sun. Mon. Tue. Wed. Thu. Fri. Sat.
CABG
冠動脈バイパス術
  1 1     1  
Aortic valve
大動脈弁手術
      1 1    


RNとAPN

アメリカではナースのことをRN(Registered Nurse)と表記します。まぁいわゆる普通のナースなのですが、Registeredがつくとなんだかかっこいいです。彼女達の中には働きながら勉強をして、さらなる高み、すなわちAPN(Advanced Practice Nurse)を目指す人が結構います。APNになるとやっていることは医師側の仕事に近く、医師と回診を一緒にまわって患者の治療方針を決めたり、投薬を変更したり、簡単な処置などができるようになるみたいです。心臓外科にも二人専属のAPNがいて、ICUにいる患者などを診てくれています。給料もなかなかいいみたいで、年収1,000万円くらいはもらっているようです。

ちなみに、先日ICUのRNから内科の心不全治療チームのAPNになった人がいましたが、今までは病院から支給されるてろっとしたスクラブを着ていたのですが、APNになってからはそのままパーティーにも行けちゃうのではないかと思うくらいおしゃれな感じの服装に変わっていました。RN時代には病棟で気軽に挨拶などできたのですが、APNになってからは周りのきらびやかなAPN集団に囲まれていて少しお高い存在になってしまいました。職業や環境といったものは、人を変えていくのかもしれません。


今週のトピックランキング身近に起きた出来事をランキング形式でお伝えします。

シカゴ在住の方が僕のブログを見て連絡をくれたので、食事をすることになりました

岡村さんという方と食事会@牛角

先日最近シカゴに来たばかりという岡村さんという方と食事会@牛角をしました。岡村さんは僕が若手心臓外科医の会に投稿しているもはや留学とはあまり関係なくなってしまっている留学ブログをみて、そこに掲載されているアドレスに直接連絡をくださったとても貴重な方です。岡村さんは企業の医療関係の部署で働いており(こういった書き方が正確なのか全くわかりませんが)、とても面白い話を色々としてくれましたが、僕の理解できる範囲の話は「このご飯おいしい」とか「新しい映画、面白いらしいよ」くらいであるため、全貌はとても理解できず、ほとんど一緒にいた上司の太田先生頼みでした。あとで詳しく説明してもらおうと思います。牛角は夏の新メニューを始めていましたが、いずれも僕の口には合いませんでした。ただ、相対的には大満足でした。牛角最高です。

ダブルピースした指をくいくい曲げるジェスチャー

ダブルピースした指をくいくい曲げるジェスチャー

先週はバンクーバーに学会で行っていたため、久しぶりの病棟でした。病棟のナースから「しばらく見なかったけどどこにいたの?」と聞かれたので、「バンクーバーだよ。バンクーバー最高だったよ。ミーティングだったからあんまり町を見たりはできなかったけど」と言いました。すると「あー、うんうん、ミーティングよね」と言いながらダブルピースサインの指をくいくい曲げるようなジェスチャーをしていました。このジェスチャー、ダブルクウォーテーションマーク””を意味しており、皮肉やブラックジョークを言うときに使うものらしいです。すなわち、彼女の真意は「ミーティングとか言って、ほんとは遊んでただけでしょ、わかってるわよ」ということでした。あながち外れてはいませんでした。

インクレディブル2

インクレディブル2の公開が先週から始まったので観にいってきました。1を観ていないのですが、2だけでも充分に楽しめました。見る前からこれは楽しめるな、という確信がありました。その確信は映画中に使われる英語にあります。アニメやコメディなどの映画で使用される英語は比較的簡単なものが多く、英語初心者の僕にとってもわかりやすくできているのです。案の定、インクレディブル2の英語は簡単でわかりやすく、また、ストーリーも簡単でわかりやすかったため非常に面白かったです。


北原 大翔

1983年東京生まれ。2008年慶應義塾大学医学部卒業。モテるために心臓外科になりアメリカ留学を目指し、2016年より単身渡米。現在イリノイ州にあるシカゴ大学で心臓胸部外科医として働く。独身彼女なし。NPO法人 Team WADA(医師の海外留学情報を発信する団体)で留学ブログを担当。

››› NPO法人 Team WADA 留学ブログ

  • facebook
  • twitter

医療者の海外留学・就労を支援するNPO法人 Team WADAが運営する情報発信チャンネル
世界各国で活躍する医療者の仕事や生活、留学に役立つ情報を配信しています。
https://www.youtube.com/channel/UCg_z8bKyAE2ej-oE9V01EOA


医師の海外留学

医師として海外で勉強してみたい。
そのような強い思いをお持ちの先生は、ぜひ弊社「民間医局」にご相談ください。

医師の海外留学を推進し、積極的にサポートを行っている医療機関や企業などもご紹介しています。海外留学に関する情報をメールマガジンにてお届けしております。
ご希望の方は下記バナーより会員登録(無料)をお願いいたします。

MediGate新規会員登録(無料)

MediGateは、医師向けの勉強会やセミナー情報をFacebookに日々更新しています。 みなさんの情報収集にお役立てください。 当社は「レジナビ」「民間医局」「ドクターズマガジン」を運用している会社です。

MediGate 公式Facebook


「週刊北原」


››› 医師ペディア一覧に戻る